FC2ブログ
KKMD
ついに47になってしまった…orz
広島県東広島市の端、海側にある漁港にひっそりと生息。
日々金が無くピーピー鳴いているフリーDOT絵描き+α。
世間のお情けによって、細々と生かされているこの人型生物は、
希少価値の低い絶滅危惧種。

skype友も募集中にしておこうw
skype IDは「KKMD1970」なりよ。

KKMDのへろへろの記録

毎日へろへろと現世を漂っているKKMDの身も蓋も無い日常を書きなぐっていくエロ以外の何でもありな迷走ブログ

TOPサイン

さてと…

世間では恋人たちの甘い雰囲気漂うクリスマスを
AGBの悪魔城ドラキュラ3部作を血みどろになりつつクリアしたワタクシ…
本日からは待望の購入ゲーム。

Ys ORIGIN


イース・オリジン
のプレイに突入です。

イース・オリジン 公式サイト

今回は今までの主人公「アドル・クリスティン」ではなく、アドルが生まれる遥か昔、
魔法王国イースが魔物によって滅ぼされようとしている黄昏の時代が舞台。
主人公も「ユニカ=トバ(女の子)」と「ユーゴ=ファクト(男の子)」の2人からの選択となっています。
(名前からしてファンはニヤリングだねw)
両キャラでクリアすると「鉤爪の男」でさらにプレイ可能という事で…
一粒で三度美味しいとw
「ユーゴ=ファクト」・・・初心者用
「ユニカ=トバ」・・・・・・中級者用
「鉤爪の男」・・・・・・・・上級者用
と分かれているので、操作感的にも大分変わってくるんではなかろうかと。
お約束なんで、最初はユーゴでプレイです。
ただし難易度はハードですけどw

ユーゴは基本攻撃が魔法による遠距離攻撃です。
敵の攻撃レンジ外から攻撃できるんで、確かにプレイはしやすいですね。
ただ、打たれ弱いのは魔術師のお約束か?

現在最初の巨大ボスをクリアした所ですが…
既に泣きそうなくらいボスが強いです。
特殊攻撃で相手をピヨらせて、体によじ登ってボスの弱点を攻撃するんですが…
特殊攻撃が出しにくく感じるのはワシだけでしょうか?
まあ、そのうち慣れてくるとは思うんですけどね…
その他のアクションは言うことナッシングですw
やっぱりアクションゲームは楽しいのぅ…

アイテムとかも懐かしい物が出てきます。
「マスク・オブ・アイズ」なんてイース1&2と同じだし。
使い所も同じなんで思わず笑ってしまいました。
ここら辺が製作サイドの上手さですね。
1&2をプレイしたことがある人は確実に思い出すでしょうしw
音楽もダームの塔のBGMのアレンジになってるし、ファンとしてはたまらんw

とりあえず3回クリアできるって事は…
年末年始はイース・オリジンでつぶれるって事ですなw
上記リンク先のダウンロードページから、オープニングムービーがDLLできます。
気になった方はDLLして観てみてはいかがでしょうか?
個人的には高画質版をお勧めしますw


スポンサーサイト




blogram投票ボタン
押してくれるとKKMDとっても嬉しいの!

コメント

ゲームと言えば、パソコンでハンゲームしかしないのですが、これはファミコンなのでしょうか?
さっぱり分からんとです(笑)

かこぽん様
これはPCゲームですよ。
PCゲームの老舗「日本ファルコム」の代表作であるイースのシリーズです。
初代はもう20年近く前の作品ですけど…
いまだに進化し続けておりますw

このボスがなかなか倒せません

気絶させた後、よじ登って攻撃すればいいんじゃない?

と坊ちゃんに教えて頂いて
やっとまともにダメージを与えることが出来るようになりました・・・

しかし、登ってると中で
落っこちることが多いので
もたもたしてると

そのうち起きちゃうしね


Moonface氏
そうね、特殊攻撃でスタンかけて、よじ登る訳だけど…
特殊攻撃の出し方が特殊なんで、苦労しましたわ。
現在4匹目のボスをクリアした所でございます…
は~しんどいわ~…
ハードはきっついですわ。

悪魔城ドラキュラ大好きだす!!
ドラキュラは不朽の名作だす!!

ZENRA-MAN様
ドラキュラは名作ですね。
PSのドラキュラXなんかは、やりがいがあってよかったですねぇ…
確かPS2でも出てるんだよね。
PS2は持ってないから未プレイだけど…
AGB版の3タイトルも良かったっすw

我が家にテレビゲームがありません。
PS3が欲しい…
でも高くて買えません。
入手も困難ですがね。
甘いクリスマスなんて、ケーキ食べたくらいでした。

やっち様
うちにはPS3とPS2とドリキャスとPC-FX以外はどこぞに眠っておりますw
PS3はワシ的にキラータイトルが無いのと、値段の高さで購入意欲がわかない…
PS2はそこそこ欲しいんですけどね…

ワシはケーキも食ってませんよ~w

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: