FC2ブログ
KKMD
ついに47になってしまった…orz
広島県東広島市の端、海側にある漁港にひっそりと生息。
日々金が無くピーピー鳴いているフリーDOT絵描き+α。
世間のお情けによって、細々と生かされているこの人型生物は、
希少価値の低い絶滅危惧種。

skype友も募集中にしておこうw
skype IDは「KKMD1970」なりよ。

KKMDのへろへろの記録

毎日へろへろと現世を漂っているKKMDの身も蓋も無い日常を書きなぐっていくエロ以外の何でもありな迷走ブログ

TOPサイン

レビュー054

お勧め作品を出してみよう

「ブラッド・フィースト 血の祝祭日2」

BF2

ストーリーは…
------------------------------
アメリカの田舎町で無国籍料理の新オーナーとなったファド・ラムジーズは、
警察から祖父がかつてこの店でこの町の女性たちをメッタ切りにし、
エジプト女神に生贄として捧げた事件があったことを聞く。
ファドはある夜、店の奥でエジプト女神の像を見つけてなぜか失神してしまう。
目が覚めると彼はエジプト女神の虜となっており、生贄を捧げるために凶悪な殺人鬼に変貌していた。
ある日店に訪れたランプリー夫人が、娘のティファニーの結婚披露宴の料理を頼みに来る。
それが新たな惨劇の幕開けとなるとは知らずに…
------------------------------

これはね面白いです!
初っ端から大爆笑です(スラッシャーだけどなw)
おバカな内容と、おバカな字幕でダブル爆笑間違いなし!
エジプト女神像「イシュタル」(本当はバビロニアだけどな)が最高!
石像なのに目がひかる~♪要所要所で目がひかる~♪
おかげでスラッシャーなのに爆笑してしまうんだよなぁ…
また、ティファニーの婚約者であるヘッポコ刑事もおバカで爆笑!

ギャグ満載で、大爆笑なんだけど、スラッシャーが苦手な人にとっては少しキツイか?
監督がスラッシャーホラーの始祖として知られるハーシェル・ゴードン・ルイス。
彼が30年ぶりに健在ぶりを発揮した問題作で、全米公開時(02年)には失神者が続出したらしい。
あまりの残虐描写は上映中止を求める声もあがったほどだそうな…
デビュー作「血の祝祭日(1963年作)」の続編。
1967年の「悪魔のかつら屋」とか観てみたいよな~
DVDにボーナス収録されている2003年東京国際ファンタスティック映画祭の時の、
電話インタビューとかも楽しいので必見!

主役のファド役「ジョン“スピュッド”マッコンネル」が滅茶苦茶いいです。

少々のスラッシャーは問題ないって人は、是非観てほしい作品です。


スポンサーサイト




blogram投票ボタン
押してくれるとKKMDとっても嬉しいの!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: