KKMD
ついに47になってしまった…orz
広島県東広島市の端、海側にある漁港にひっそりと生息。
日々金が無くピーピー鳴いているフリーDOT絵描き+α。
世間のお情けによって、細々と生かされているこの人型生物は、
希少価値の低い絶滅危惧種。

skype友も募集中にしておこうw
skype IDは「KKMD1970」なりよ。

KKMDのへろへろの記録

毎日へろへろと現世を漂っているKKMDの身も蓋も無い日常を書きなぐっていくエロ以外の何でもありな迷走ブログ

TOPサイン

レビュー338

はい、2本目のレビューになります。
2本目は邦画ですよ。
楳図かずおの恐怖漫画が原作ですよ。
楳図作品としては『神の左手悪魔の右手』に続いて2本目のレビューになりますな。

おろち
おろち
ストーリーは… ----------
代々続く名門女優一族…
門前家の女主人「門前葵は」自信に溢れた銀幕の大女優で、いつも自宅の試写室に篭り
自分が出演した場面を繰り返し見ては満足そうに笑っていた。
ある日、葵は試写室のスクリーンに映る自分の顔を見て青ざめる…
そして、階上にある決して開けてはいけない部屋に駆け込むのだった…
代々門前家の女は、二十代後半の歳になると美しい顔が醜く崩れ落ちる運命にあるのだ。
そんな美しい女の悲しい運命を、死ぬ事無く人々の生を見続ける「おろち」が見つめていた…
------------------
こんな感じ。
この作品は2008年の日本作品で、ジャンルは一応ホラー

楳図かずおの原作にあるような、暗い陰鬱としたイメージは無いですね。
そしておろちが一体何なのか?
これも全く説明なし。
おかげでおろちが単に説明役だけになってます。
怖さ的な部分というと…
木村佳乃と中越典子の取っ組み合いのシーンくらいか?
髪を引っ張り、無抵抗の妹へ鬱憤を叩きつけるといったそのシーンがある意味恐怖w
女ってやはり怖いわ~
途中のおろちが人間の女の子とリンクしてる所とか一切説明とか無しだしなぁ…
もう消化不良すぎだわ。
ラストのどんでんがえしも読めるし、そのどんでんがえしでさえ激似の説明ないし…
木村佳乃の美しさだけが突出してしまって、PVかい!と…
楳図作品は難しいね。

ちなみに原作版は…
おろち-wiki

じゃあ評価ね。
おろちって何?…に-1
説明足りんすぎ…に-2
木村佳乃が美しい…に+1
☆☆☆★★★★★★★
トータル3点!


次は赤んぼ少女だな…
スポンサーサイト

blogram投票ボタン
押してくれるとKKMDとっても嬉しいの!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

ネット通販