FC2ブログ
KKMD
ついに47になってしまった…orz
広島県東広島市の端、海側にある漁港にひっそりと生息。
日々金が無くピーピー鳴いているフリーDOT絵描き+α。
世間のお情けによって、細々と生かされているこの人型生物は、
希少価値の低い絶滅危惧種。

skype友も募集中にしておこうw
skype IDは「KKMD1970」なりよ。

KKMDのへろへろの記録

毎日へろへろと現世を漂っているKKMDの身も蓋も無い日常を書きなぐっていくエロ以外の何でもありな迷走ブログ

TOPサイン

レビュー238

引き続き2本目です。

ブギーマン
ブギーマン-2004
ストーリーは… ----------
仕事もプライベートも順調な青年ティムは誰にも言えない心の傷を抱えていた…
その心の傷とは…
幼少時にティムは親の言う事を聞かないと現れる怪物「ブギーマン」の話を
父親から聞かされていた。
そして彼が8歳のある晩、父親がクローゼットから現われた謎の怪物に連れ去られ、
以来行方不明になってしまった事だった。
それから15年、母の死の報せを受け久々に帰郷したティムは
母の葬儀を済ませた後、トラウマの原因となった生家に遺産の整理のために
ついに足を踏み入れるのだった…
-----------------
こんな感じ。
この作品は2004年のアメリカ作品で、ジャンルはホラー
製作はサム・ライミなんですけどね…

この作品はベクトルとしては日本の恐怖映画に近いです。
洋物特有のギュリギュリぶしゃぶちぶちといったタイプではないですね。
じっと見てると「ねぇねぇ…なんかあそこに居ない?」ってタイプ。
洋物の題材としては面白い所を突いてます。
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
突いていますが…
あまりにもシナリオがショボすぎるw
そしてカメラの視点変更とかも多くて結構観辛い…
勿論所々には光る物があります。
病院で天井の隙間を見て半狂乱になっている少女のシーンとか…
病院で天井の隙間を見て半狂乱になっている少女のシーンとか…
病院で天井の隙間を見て半狂乱になっている少女のシーンとか…
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
サムライミ、一体どうした?
肝心のブギーマンが出てくるシーンなんて一番最後のクライマックスだけだし…
CGのブギーマンのショボさといったら…orz
実験的作品で、失敗しちゃった…
そんな感じです。

では評価を…

CGチープすぎに…-1
ブギーマンのためすぎに…-1
シナリオこれでいいのかい?に…-1
★★☆☆☆☆☆☆☆☆
トータル2点


口直しに「死霊のはらわた」を借りようねw
スポンサーサイト




blogram投票ボタン
押してくれるとKKMDとっても嬉しいの!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: