KKMD
ついに45になってしまった…orz
広島県東広島市の端、海側にある漁港にひっそりと生息。
日々金が無くピーピー鳴いているフリーDOT絵描き+α。
世間のお情けによって、細々と生かされているこの人型生物は、
希少価値の低い絶滅危惧種。

更に詳しいワシのプロフは下記を参照の事。
KKMD詳細プロフィール

skype友も募集中にしておこうw
skype IDは「KKMD1970」なりよ。

KKMDのへろへろの記録

毎日へろへろと現世を漂っているKKMDの身も蓋も無い日常を書きなぐっていくエロ以外の何でもありな迷走ブログ

TOPサイン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
押してくれるとKKMDとっても嬉しいの!
TOPサイン

雨降り

昨晩から雨ですよ。
ダーダーとシトシトともう鬱陶しい!
おまけに何処かで軍曹たちが鳴いてるし…
こんな日は大人しく読書でもするべぇと引っ張り出してきたのは…
RPG幻想事典 RPG幻想事典・日本編

この2冊です。
左側のRPG幻想事典は純粋なTRPGルールブックといった物ではなくて、
TRPGの入門書といった感じでしょうか?
巻末に入門用として「アルビオン」というファンタジーRPGのルールが付属しています。
背景世界の詳細はありませんが、今では基本となっている基礎的な5つの能力値
(STR DEX INT CON LUK)を用いたオーソドックスなルールにより
RPGの入門という目的に添った分かり易いルールになっています。
一般にテーブルトークRPGという言葉が殆ど認知されていなかった時代にも関わらず、
コンパクトに分かりやすくまとめられたルールが存在していたのを見ると、素晴らしさに落涙w
(今となってはいささか古臭いというか、懐古っぽいけど…)
後はモンスターや武器、魔法といった欠かせないものの説明などがわかり易く解説されてます。
近年のファンタジー映画とかでファンタジーファンになった人にもうってつけの本ですね。

右側のRPG幻想事典・日本編の方はRPG幻想事典と比べると
日本を題材にした資料本といった位置づけになるのかも。
日本神話、キャラクター、モンスター、武器、術といったものが色々と書かれていて
読んでいても楽しいのは本としての完成度が高い証拠。
所々に入る「珈琲無礼句」がまた面白いのも特徴。

両方とも20年も前の本です。
ゲーム作っていた時は、色々とこういった本にお世話になったものです。
そう考えると懐かしいよなぁwww
現在は既に絶版になっているのかな?
こういった本の紹介をしていくのも面白いかもしれませんね。
倉庫を漁ってみるとしようかな…
スポンサーサイト

blogram投票ボタン
押してくれるとKKMDとっても嬉しいの!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

ネット通販

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。