FC2ブログ
KKMD
ついに47になってしまった…orz
広島県東広島市の端、海側にある漁港にひっそりと生息。
日々金が無くピーピー鳴いているフリーDOT絵描き+α。
世間のお情けによって、細々と生かされているこの人型生物は、
希少価値の低い絶滅危惧種。

skype友も募集中にしておこうw
skype IDは「KKMD1970」なりよ。

KKMDのへろへろの記録

毎日へろへろと現世を漂っているKKMDの身も蓋も無い日常を書きなぐっていくエロ以外の何でもありな迷走ブログ

TOPサイン

レビュー263

ふぃ~
今日も1本いっときましょう!

キャプティビティ
キャプティビティ
ストーリーは… ----------
数々のファッション誌の表紙を飾るトップモデルのジェニファー(エリシャ・カスバート)。
ある日、クラブで意識を失い、目覚めるとそこは見知らぬ部屋のベッドの上だった…
周囲はコンクリの壁で、出口や窓もなく、巨大なジェニファーのポスターが貼られていた…
その空間は完全な密室、誰かにこの部屋に閉じ込められたことを悟ったジェニファーが
パニックに陥ったその時、部屋の中に置かれたテレビから見覚えのある映像が…
-----------------
こんな感じ。
この作品は2006年のアメリカ映画で、ジャンルはスラッシュ+サスペンス+R15

バウアーの娘役のエリシャ・カスバートがヒロインです。
…顎割れてるけどねw

前半はいい感じにスラッシュ+サスペンスで進んでいくんですが…
中盤からラブが入ってくると、展開が読めてしまって、何処にでもある作品になり
更に失速してしまい退屈になります。
本編のオチもトホホなんで、ちょっとねぇ…
ジャンル的にはソウやホステルに近いんですけど、あそこまでぶっ飛んでる訳でもなく、
犯罪心理的な擬似愛の発生と、それに伴う流れは欠伸モノ。
登場人物が少ないため、表面的なものしか出していないと、薄っぺらくなって
キャラクターに対する感情移入もできませんがなw
そういう意味では粘膜的接触表現よりも内面表現を増やして欲しかった。

注意点としてスラッシャー苦手な人は観ない方がいいかも。
前半の良い部分がそこに集約してるからwww

では評価ですが…
顎割れてるからちょっと…に-1
中盤からの失速に-1
愛はいらねぇ…に-1
☆☆★★★★★★★★
トータル2点!


ジャック・バウアーは出てこねぇw
スポンサーサイト




blogram投票ボタン
押してくれるとKKMDとっても嬉しいの!