FC2ブログ
KKMD
ついに47になってしまった…orz
広島県東広島市の端、海側にある漁港にひっそりと生息。
日々金が無くピーピー鳴いているフリーDOT絵描き+α。
世間のお情けによって、細々と生かされているこの人型生物は、
希少価値の低い絶滅危惧種。

skype友も募集中にしておこうw
skype IDは「KKMD1970」なりよ。

KKMDのへろへろの記録

毎日へろへろと現世を漂っているKKMDの身も蓋も無い日常を書きなぐっていくエロ以外の何でもありな迷走ブログ

TOPサイン

暑かったのよ…

ベッドに寝転がって読める本を求めて、灼熱の書庫を探索。
引っ張り出してきたのは…
たがみよしひさの名作
「NERVOUS BREAKDOWN 全13巻」
NBD

いや~懐かしいですわ。
1989年の作品ですからね。
今は亡き学研の雑誌、コミックノーラに連載してた漫画です。

内容は探偵物で…
頭の切れる頭脳労働担当の虚弱体質、安堂ちゃんと
肉体労働担当の筋肉バカ、三輪ちゃんの二人がメインキャラ。
この二人が数々の難事件をゲロ吐きつつ(安堂)、パワーで押し切り(三輪)解決していく。
読んでてとっても酸っぱい&素ボケなお話しw

たがみよしひさの漫画は有名所だと…
「軽井沢シンドローム」
「我が名は狼(ウルフ)」
「ファイター」
といった物がありますな。
ファイターは連載途中で雑誌が休刊になってしまって、ワシも泣きました…
何処かで再開してほしい…
スポンサーサイト




blogram投票ボタン
押してくれるとKKMDとっても嬉しいの!
TOPサイン

レビュー050

久しぶりに映画を観ました。
2005年公開の…
「オペラ座の怪人」

世界中を魅了した不朽の名作ミュージカルを絢爛豪華に映画化したラブ・ストーリー。
舞台版を手掛けた天才作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバー自身による製作で、
男女3人の哀しき愛の物語を壮大なスケール(笑)で描いている。

オペラ座の怪人2004


ストーリーは皆さん知っていると思いますが…
1870年代、オペラ座では仮面の男「ファントム」によるものと見られる怪事件が頻発していた。
そのファントムを音楽の天使と信じている端役のクリスティーヌは、彼の指導によって才能を伸ばしていく。
そして、彼女が代役として主演に抜擢された事から物語は加速していく。


観る前はちょっと期待してたのよ。
で、始まってからが大変w
オペラ仕立ての映画なんで、台詞回しも歌な訳ですわw
基本的にワシは寝る前に観てる訳じゃない?
子守唄に聞こえてどうしようもないのよ、これがw
音楽と衣装は良かったね、セットとかも資料になるくらいいい感じ。

ストーリー的な部分を言わせて貰えば…
クリスティーナがファントムとラウルの間をフラフラと揺れ動きすぎじゃないのかw
なんて移り気な女なんじゃろかいのぅ…
あっちにフラフラ、こっちにフラフラ…
言動と行動の根拠が読みきれないし、表現しきれていない。
しかも終盤、ファントムが肉欲で行動してたかのような台詞回しだし…
ラストも、ええっ?そんなんでええのん?って感じだったし…
あんまりいいとこなかったように思うなぁ。
これで、トータル140分…
終盤は「頼むからはよ終わってくれ~」てな感じでした。
唯一の見所は冒頭で壊れたシャンデリアが引き上げられていくシーン。
ここは良かった!

これから観ようと思っている方は、寝る前には絶対に観ないように!
本当に寝ちゃうよw

blogram投票ボタン
押してくれるとKKMDとっても嬉しいの!